About King of Ground

King of Groundとは?

最近CMなどでもコマの様にクルクル回ったり、ジャンプ台から飛び上がったりする小さな自転車を見かける人も多いと思われます。この20インチの小さな車輪を持つ自転車、BMX(ビーエムエックス)は、Bicycle Motocrossの略で30年ほど前、アメリカはカリフォルニアで誕生しました。

もともとはレース用として誕生したBMXでしたが、レースだけに飽きたらず、レースの合間にジャンプ台や自転車だけを使って色々な技をやるレーサーが現れるようになりました。その遊びは瞬く間に仲間の中に広がり、「BMXフリースタイル」と呼ばれる独立した競技へと発展していきました。

今日本場アメリカでは、X-Games(エックス・ゲームズ)と呼ばれる、アメリカ最大のスポーツテレビ局、ESPNが主催する巨大なBMXフリースタイルコンテストが毎年行われ、コンビニエンスストアにもBMX関連の雑誌が普通に置かれているほど根付いています。そのトップライダーたちはバスケットのNBA、メジャーリーグの選手と同等のアスリートとして人々に認知されているのです。

BMXフリースタイルにもいくつかの分野に分かれており、日本国内で最も競技人口が多いのが、「ペグ」と呼ばれる足載せ棒を駆使して平らな地面で回転したり、1輪で走ったりと、様々な技を見せる“フラットランド“と呼ばれる種目です。

この大会、King Of Ground (以下KOG)は、1998年に設立され、以来全日本選手権シリーズとして開催されており、世界で最も長く続いているBMXフラットランドシリーズとして、世界中のライダーに認知される大会となっています。

KOGのコンセプト

KOGは全日本シリーズ選手権として、

ライダーが公平に評価される場

を提供しています。

昨今、大小様々な大会が日本各地で開催されていますが、KOGでプロに昇格することが、日本ではプロとして認められる一つの基準になっているように、「フラットランドライダーとして、自分の技量の基準を知る場」として続いています。

KOGでの数分間のために、ライダーたちは何ヶ月も練習を積み重ねて出場してきます。そこでの悔しさ、嬉しさが次の数ヶ月の精進への原動力になり、願わくば、その人の人生に何か気づきを数分間となることがあれば幸いです。

そういう思いと共に、KOGを開催しています。

"#